フラボノイド

女性に嬉しい成分を配合

無理なダイエットは女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。
生理不順やひどい生理痛などといった婦人病予備軍のような症状も引き起こしかねません。
ですが好きなだけ食べて太られても別の病気になる可能性も高くなりますし、何よりもダイエットは若い女性なら誰でもしたくなるものですし、必要になることもあるでしょう。
それならば無理ではないダイエットをすればいいのですが、カロリーダイエットなどは大変面倒ですし、置き換えダイエットなどはやはり無理がでてしまいます。
こちらのサイトにある、イソフラボンの摂取で女性ホルモンが満ち溢れるの解説もご覧ください。

しかしイソフラボン自身にダイエット効果があることをご存知でしたか。
じつはイソフラボンには、食後の血糖値上昇を予防し、体の中の脂質の吸収を阻止して、脂肪を付きにくくするばかりか、腸内に長く留まり満腹感を持続させ、食欲を抑えるという嬉しい効果があるのです。
さらに、コレステロール値を下げる効果http://cvrp2012.com/もあるので、血液がサラサラになります。
食事の量を抑えて、イソフラボンが含まれた豆乳を飲んだり、豆乳クッキーなどもあります。

他にも意外なことに葛や甘草、レッドクローバーなどといった植物にも含まれています。
葛は葛餅や葛きりとして小腹が空いた時に食べたり、レッドクローバーは、欧米では優秀なイソフラボンを多く含むハーブティーとなっています。
ダイエットを考えている人はこうしたイソフラボンが入った食べ物で、無理をしないダイエットを心がけてください。

またイソフラボンの吸収に役立つ食材として、ザクロや亜麻種子などがあります。
ちなみにどちらの成分も「わかさのイソフラボン」に入っている成分で、イソフラボンも豆乳なら200ml分ですし、おからですと50gが5鉢分あるのですから1粒に凝縮されて摂取されやすくなっているのが分かるでしょう。
その理由は大豆イソフラボンとレッドクローバーの中に含まれている4種類の異なるイソフラボンを一緒に摂ることにもあります。
また「ボーンペップ」という卵黄由来のペプチド成分は、カルシウムと非常に相性が良く、イソフラボンと一緒に摂ることで、より強力に体の基礎を高めてくれるでしょう。
イソフラボンの1日の摂取の目安はこちらを参考にしてください。