フラボノイド

女性らしい体をサポート

イソフラボンは女性ホルモンと同じ様な働きをしてくれる作用があり、女性ホルモンを活性化し、女性らしさを際だたせるといった効果があります。
イソフラボンとは本来あるエストロゲンの役割を補ってくれるといってもよく、肌の新陳代謝を促進や髪のツヤやハリを保ったり、卵巣内の卵胞を成熟させて卵子を育て排卵に備え、子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を準備するといった妊娠に適した体を作りやすくします。
また、乳房や性器、皮下脂肪を発育させ、丸みのある女性らしい体を作るのには欠かせない成分といってもいいでしょう。

食生活を心がけるうえで、イソフラボンを摂りやすいのは大豆製品などを使った食事であり、豆腐や納豆、油挙げや味噌などといった、どちらかといえば和食として取り入れ易い食品が多いので、和食中心の食生活にするのがお勧めになります。
1日50mgくらいが目安のようで、納豆だと1パック、豆腐だと二分の一丁というように、それほどの量ではありません。
外食が多いという人や買った弁当で済ますという人にも、食べられない量ではありませんが、無理な場合にはサプリメントがあるといってもいいでしょう。

女性らしい体をサポートする食材としては大豆イソフラボンは勿論のこと、イソフラボンと相性の良い、ザクロと亜麻種子を配合している「わかさのイソフラボン」はイソフラボンの吸収を高める意味でもお勧めです。
もともとザクロには体内のバランスを整えてくれる成分が含まれており、古代から美しさを高める果実として「女性の果実」ともいわれており、女性に欠かせない成分がたくさん含まれているものです。

また亜麻種子は「リグナン」という亜麻種子に含まれている成分が体内のバランスに働きかけるという効果があるのです。
エストロゲンが減少して、イソフラボンも足りていないとなりますと、更年期障害や骨粗鬆症になりやすくなったり、肌の潤いがなくなっていきます。
エストロゲンの減少を留めたり、代わりを務められるのがイソフラボンなのです。
こちらのサイトに女性にも男性にもおすすめの美容成分イソフラボンが解説されています。是非ご覧になってみてください。