ずっと女性らしく輝く毎日を

イソフラボンとはポリフェノールの分類に含まれるフラボノイドの一種であり、主に豆類などに多く含まれています。
有名なのは大豆イソフラボンで15種類確認されています。
イソフラボンは最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることであり、代わりを務めることのできる成分として、注目されています。

エストロゲンとは、主に女性の卵巣で生産される女性ホルモンのひとつであり、卵胞ホルモンとも呼ばれています。
このホルモンが出ていることによって月経と妊娠があり、肌も美しく、髪も豊かさを保ち、張りのある胸になるなどといった女性らしさも見られるといってもいいでしょう。
しかし閉経期前後になると女性ホルモンのひとつであるこのエストロゲンの分泌が急激に低下してしまいます。
その事態は更年期障害などの病を招くと共に、女性ホルモンの減少による様々な体の変化を招いていきます。
だからこそ代わりとなる成分を作ることのできる食べ物を食べることがお勧めなのですが、毎日大豆や豆類ばかりを規定量を守って摂れるのは難しいといえます。

ここでお勧めなのはサプリメントです。
サプリメントといえば、碌に食事を摂らないような人が栄養補給だけをしているとか、好き嫌いの激しい人の補助のようなイメージがあるかもしれませんが、体の足りない栄養の補助という意味では正しい使い方ですし、すべてを食事だけで補えないために使われていると考えればその力をもらうことは悪いことではありません。
むしろ病気などの予防にも役立ちますので、薬といった作用の大きなものを飲むリスクが減るといえばいいでしょう。

欧米では「女性力の維持と向上」をサポートするイソフラボンを多く含むハーブ素材として、「レッドクローバー」などが取り入れられています。
その「レッドクローバー」と、女性特有の悩みに働きかける代表的な大豆イソフラボンが合わさったサプリメントが、「わかさのイソフラボン」となります。